スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

株式投資のための「基礎知識」No.2

ご訪問ありがとうございます。


株式市場は相変わらずなのかしら。あんまり景気のいい話が聞こえてこないわね。テレビでは北朝鮮のミサイル発射の話ばかりになってしまっているしなんだか心配だわ。明るい話題が聞きたいわね。






a0027_002286.jpg





『当サイト』へようこそ。管理人のねこはちです。



お久しぶりです。更新が遅くて申し訳ございません。世間ではすっかりバレンタインな感じになっているようね。なんだか甘いものが食べたいわ。では続きへどうぞ。





【PR】








【株式投資のための「基礎知識」どんな人が投資をしているのか】



前回に株式市場の話を簡単にしたけど、今回はそこでどんな人たちが株を売買しているかについてちょっと触れてみたいと思います。


どんな人たちが株式の取引をしているかというと、大きく分けて「個人投資家」「機関投資家」「外国人投資家」の三者になるようね。


ちなみに私たちのように個人的に株取引をしたいという人は個人投資家に該当することになるわ。いわゆる一般的な投資家の人たちのことね。個人投資家は売買単位が小さいから、株価に与える影響が最も少ないと言われているの。


そのほかに機関投資家というのは、国内にあるプロの投資機関になります。主に銀行などの金融機関とか一般企業の投資部、または投資信託会社などを指しているみたいね。ほんとにプロフェッショナルな人たちの事よ。売買単位が非常に大きいため、株価に与える影響はかなり大きくなるというのが特徴になるわ。


そして外国人投資家の方たちも日本の市場に参加しているわ。その名のとおり外国人の投資家さんたちよ。経済ニュースなんかでも頻繁に耳にしているんじゃないかしら。外国人投資家は国外の資金を使って日本株を買っているんだそうよ。


為替差益というのも関わってくるので、円高になると株が売られる傾向にあるようね。外国人投資家は外国の機関投資家という意味も含まれているから、売買単位がとっても大きくて、やっぱり株価に大きく影響を与えてしまうんですって。


このように主な株価変動要因というのは、機関投資家と外国人投資家のみなさんがする売買にとても左右されてしまうものなの。この人たちの動きはとても重要なので動向には常に注意する必要があるそうよ。


ニュースで話題に取り上げられることもとても多いので注目してみるのもいいんじゃないかしら。良かったら参考にしてみて下さいね。ではまた。





[ランキング参加中]
応援クリックよろしくね。


にほんブログ村


社会・経済 ブログランキングへ







【PR】

★ねこはちおすすめ★




[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>






FXを始めるなら≪DMM FX≫!



07
2016
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。